FOE 2019

FOE 2019

2019/07/17 Liverage

Communications&Broadcasting Weekは4つのショーで構成され、5G / IoT、光通信、4K / 8Kテクノロジー、ビデオ通信に関連するトレンド製品と最新テクノロジーを集めています。2018年には、通信キャリア、通信システムメーカー、放送局、業界ユーザー(医療、セキュリティ、イベント)など、約25,000人の訪問者がいました。今年はLiverage は、ショーの1つである19th Fiber Optics Expo-FOE 2019にブースで出展します。

データセンターのテストソリューションである25G〜100GおよびVCOMトランシーバーモジュールのデモを行います。最新の設計であるiBERT X1 miniは、10G / 25G / 40G / 100G AOCビット誤り率テスターです。モジュール化されたインターフェースには、QSFP MSAおよびSFP MSAに続くQSFPおよびSFPポートが組み込まれています。QSFPおよびSFPの10、25、40、100Gイーサネット規格に準拠しています。ユーザーインターフェイスは、USBケーブル経由でPCに接続することにより、ビットエラーレート、エラーカウント、タイマーを個別に監視できます。QSFP28トランシーバーのシリアルIDとDigital Diagnotistics Monitorもユーザーインターフェイスで監視できます。特定の時間にお会いしたい場合は、以下のフォームにご記入の上、ご予約ください。お会いできるのを楽しみにしています!

展覧会詳細

  • 日付:2019年7月17日-7月19日
  • 時間:10:00-18:00(最終日は17:00に終了)
  • 会場:青海ホール
  • ブース番号:FOE 12-6
関連製品
  • 0.1Gbps-100Gbps AOC /トランシーバービット誤り率テスター - iBERT X1 miniは、0.1G-100G AOC用に設計されたビット誤り率テスターです。
    0.1Gbps-100Gbps AOC /トランシーバービット誤り率テスター
    iBERT X1 mini

    iBERT X1 miniは、0.1Gbpsから100GbpsのAOC測定用に設計されたビット誤り率テスター(BERT)です。QSFPおよびSFPポートを個別に含む2つの交換可能なスロットボードがあります。QSFPおよびSFPポートはどちらもQSFP MSAおよびSFP MSAに準拠しています。ユーザーインターフェイスでは、USBケーブルを介してPCに接続することにより、ビットエラーレート、エラーカウント、タイマーを個別に監視できます。トランシーバーモジュールのシリアルIDとデジタル診断モニターは、ユーザーインターフェイスでも監視できます。


  • 25G SFP + LR 10Kmトランシーバー - 25G SFP + LR 10Kmトランシーバー
    25G SFP + LR 10Kmトランシーバー
    F41AS17413

    SFP28 LR 10Kmは、最大25Gbpsの速度と最大2Kmの伝送距離を備えたSFPです。このシリーズのシングルモードトランシーバーは、25GイーサネットやCPRIオプション10などの双方向シリアル光データ通信用のスモールフォームファクタープラガブルモジュールです。ホットプラグ機能を可能にするSFP + 20ピンコネクタを備えています。デジタル診断機能はI2C経由で利用できます。このモジュールはシングルモードファイバー用に設計されており、公称波長1310 nmで動作します。


  • 12G SDI CWDMトランシーバーモジュール - 12G SDI CWDMトランシーバーモジュール
    12G SDI CWDMトランシーバーモジュール

    SMPTE 297-2006で定義されているシリアルデジタル信号を光学的に処理するように設計されたモジュール。50 Mbpsから12 Gbpsをサポートし、送信されたSMPTE 259M、SMPTE 344M、SMPTE 292MおよびSMPTE 424M SDI病理パターンの送信用に特別に設計されています。このモジュールはシングルモードファイバ用に設計されており、CWDM波長の公称波長で動作します。1270nmから1610nmまでの18の中心波長があり、各ステップは20nmです。


  • MPO挿入損失および極性タイプアナライザー - MPOアナライザーは、MPOパッチコードの挿入損失を測定し、300のテストデータを記録できます。
    MPO挿入損失および極性タイプアナライザー
    MPOアナライザー

    MPOアナライザーは、マルチモード12F MPOパッチコードをテストし、MPOタイプA / B / Cを区別できます。テスト結果は、挿入損失のGOまたはNGになります。また、300個のデータレコードを保存できます。




プレスリリース